[PR] 飛行機旅行 コロンと日暮らし 回想
プロフィール

プワゾン

Author:プワゾン
ふる~い洋画が好き
香りのあるものが好き
匂いではなく「か・お・り」
叶うなら猫になりたい・・・

プロフィール画像:愛犬コロン

カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ内検索

たとえば「犬」 たとえば「猫」 たとえば…

全ての記事一覧

過去の記事が一目で分かる

全ての記事を表示

最近の記事+コメント

曖昧カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク 

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

メールフォーム

私に御用の方はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

コロンと日暮らし
小さな出来事を私の目線で・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おもいおもい
mixi関係のメッセージを整理がてらアトランダムに抜粋し読返してみた。
いくつか読返したメッセージの中に、ブログを始めたいと告白している内容のものがあった。
昨年7月12日深夜3時過ぎ、私がある人に宛てて送ったもの。
ブログを始めたのが今年の5月16日だから、重い腰を上げるのに10ヶ月もかかったわけね。

mixiにしても、放置しっぱなしで日記を書き始めるまで半年以上かかった。
mixiでの初日記は昨年の7月11日だから、翌日に送ったメッセージは初日記の報告が主で、
ブログを始めたいとくだりは話の流れで書き添えた・・・そんなところだったのだと思う。

タバコもそう、止めなければ!と思ってから禁煙に突入するまでが長かった。
せめてもの救いは、1ヶ月と10日経過した今も挫折していないこと。

こんなんばっかりやん、私。。
三つ子の魂百まで・・・なんかな。

思いはしても身も心も重くて・・・

スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

哀しきニューハーフ
ニューハーフのサッチャン(仮名)と出会ったのはカウンターのある古い喫茶店。

私もサッチャンもカウンターがお気に入り。
この日のサッチャンは他に席が空いていたのに私の隣に座った。
私はさほど気にも止めずタバコに火をつけた。

    やっぱりダメねぇ・・・
    前から思っていたけど、あなた手の動きがきれいじゃないわ、いい? こうよ・・・

女の私が見てもウットリする、流れるような手の動きだった。
私はサッチャンの美しい手の動きを真似てみた。
ダメ押しされながらも繰り返し真似る私にサッチャンは言った。

    私達ニューハーフがどんなに努力しているか分る?
    本当の女よりも女らしくなるために些細なことにも気を抜かないの。
    でもね、どんなに努力しても最後は本当の女には勝てないのよ・・・。

これが私とサッチャンが交わした最後の会話。
この時を最後に艶っぽくて美人のサッチャンを見かけることはなくなった。

テーマ:ひとりごと - ジャンル:心と身体

道頓堀のネオン
私の一番好きな日本映画「夜叉」
物語の舞台は福井県・敦賀湾に面する小さな港町と大阪・ミナミ。
妻・冬子(いしだあゆみ)と蛍子(田中裕子)との間で葛藤するシュウジ役には高倉健。
ヤクザから足を洗い漁師になったシュウジの背中には消せない夜叉の入れ墨がある。
スナックのママ・蛍子がシュウジに言った台詞を思い出した。

   夜叉はな、ミナミがよう似合う
   道頓堀のネオンが肌におうとるんや

・・・
難波駅近くで甘すぎるお好み焼きを食べたあとアーケードを抜けて道頓堀へ。
有名な「かに道楽」のちょっと先に「珈琲の青山」やて。
どこぞの洋服屋さんを真似たような名前の喫茶店で休憩。
席は迷うまでもなく道頓堀川を望める窓際。
この川に阪神ファンエセ阪神ファン&便乗する人が飛び込むんやな・・・
店内には妖しげなオネエサンもおったりして退屈せんかった。

道頓堀のネオンの中、御堂筋に向けてを歩きながら思った・・・妻・冬子より蛍子がいい



※ 情報提供(?)により一部訂正させていただきました。

テーマ:映画関連ネタ - ジャンル:映画

出会いの形
インターネットが普及しなかったら文通も下火にならなかったんでしょうか。

7~8才年上の従姉妹は、中学生向け雑誌の文通欄で知り合った人と文通を続け、
両親の猛反対を押し切って5年後に結婚。
私は某PC関係コミュニティサイトで知り合った人とメル友になり、母と弟の猛反対を
押し切って3ヶ月後に結婚。

今は小学生から年配の方までメールの時代。
時代の流れを感じます。

ちなみに母からは、主人と出会い系サイトで知り合ったと疑われました。
巷では、出会い系サイトで知り合った相手に殺された・・・という事件が続いていたから。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Nortonで御世話になった皆様へ。
下記のサイトを見つけたので少しは皆さんに安心していただけそうです。(^_^)
http://vcl.vaio.sony.co.jp/support/special/beginner/howto/022/index.html

テーマ:ふと考えたこと - ジャンル:日記

愛の嵐
昨年晩秋・・・
想えばコロンは熱かった。
自分の気持を偽ることなく行動していた。
発情していただけとも言えるけど。

迫る2回目のヒート、パワーアップするかと思うと複雑。。。


迫る!


迫る!!


襲う!!!


おっ♪


お見事・*:..。♡*゚¨゚゚・*:..。♡*




余談
イタリア映画「愛の嵐」
シャーロットランプリングの妖艶な姿が忘れられない。
描きたかったのは倒錯した愛の世界だったのだろうか・・・。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

急性アルコール中毒
この世から消えてもらっても一向に困らないのがお酒。
禁酒しているわけではなく、おいしいと思わないから飲まないでいられる。

私は急性アルコール中毒で父を亡くしている。
心臓があまり丈夫でなかった上に体質的にお酒を受け付けない人だった。
やむを得ない席で飲むことはあってもお猪口2杯が限界で、帰ってくるなり伏せるのが常だった。

それなのに・・・

親戚の初七日で父はグラス一杯程度のビールを飲んでしまった。
帰ってくるなり自分で救急車を呼んだ。
駆けつけた救急隊員を自分で帰した・・・落ち着いたからと言って。
それから10分もしないで意識が混沌とした。
再度駆けつけた救急隊員の懸命の心臓マッサージも空しく、家族、近くに住む親戚、
救急車の音で駆けつけた近所の人達に見守られ父は逝ってしまった。

父が最後に口にした言葉「のぶこは間に合わないな・・・」
私が東京で危篤の知らせを受けたとき、既に息を引き取っていたことはあとから知った。

急性アルコール中毒は飲み過ぎてなるものだと思っていたけど、飲めない人が飲んでもなるのね。


飲める人も飲めない人も気をつけましょう。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

住宅街の喫茶店
カウンター席の他にテーブルが2つ。
住宅街にあるこの喫茶店は住まいとお店を兼ねており、一見したところ何の変哲もない。
コーヒーの香りが漂ってこなければ存在に気付かず通り過ぎてしまう・・・そんなお店。
コーヒー好きの年配の御夫婦が趣味で営んでいるような・・・そんなお店。

美味しいコーヒーを求めて専門店を渡り歩いたりネットで取り寄せたりしているが、
この喫茶店のコーヒーを凌ぐ味に出会っていない。
それならその喫茶店で買うなり飲むなりすればいいのに・・・確かに。。

独身時代の私が東京に住んでいた頃には下町の住宅街にあった喫茶店。
東京→新潟→名古屋→東京・・・私が住まいを転々としているうちに消えてしまった。
建物は当時と変わらぬ姿で残っているが、人の気配を感じることは出来なかった。


白髪交じりで長身の主が焙煎したコーヒーは2度と飲むことが出来ない・・・。
天国からの贈り物
今年も咲いたかな。

4年前の今頃だった、忘れていたバラの苗木が届いたのは・・・
一緒に暮らしていた人が入院前に買ってくれた苗木だ。
その人はバラの苗木を見ることなく病院で息を引き取った。

諸事情から手放さざるを得なくなったバラ・・・
天国から届いたバラは私に代わって叔母が育てている。


バラの名前は奇しくもブルーヘブン






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。